電話の切り方のルールを知ろう

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

切り方のルールとは

電話対応で見落としがちなのが「電話の切り方」です。電話対応のアルバイトをしている人、またはこれからしてみたい人の中に「正しい電話の切り方を知っている」という人は少ないかもしれません。今回は相手に失礼がない電話の切り方を紹介します。

LINEで送る
Pocket

相手が電話を切ってからこちらも切ろう

切り方のルールとは

電話の切り方で誰もが迷うのが電話を切るタイミングです。マナーのひとつとして「電話をかけたほうが先に電話を切る」というルールがあります。ただし企業などで働くビジネスシーンでのルールとしては、「目上の人が先に電話を切る」という暗黙の了解があります。電話対応のアルバイトの場合、基本的に自分が相手よりも立場が下であると考えて、相手よりも後に電話を切るようにすると間違いないでしょう。電話の相手が勤めている企業がお金を払う側の場合である時、例えば下請け企業などに所属している人との電話の場合は、相手側が先に電話を切ろうしないケースもあります。その時は先に電話を切っても構いません。

音が出ることは失礼

時には自分が先に電話を切るタイミングが訪れます。その場合を想定して、相手に失礼のない電話の切り方を覚えておきましょう。電話を先に切られて「嫌だな」と感じる時のことを思い出してください。その時はたいてい「ガチャ」という勢いよく電話を切る音が頭の中によみがえるのではないでしょうか。ガチャという音には「やっと電話を切れる」という相手の意図を感じてしまうからだと思います。それまで丁寧で感じの良い口調で話をしていても、最後にガチャという音を鳴り響かせてしまったら台無しです。
この音が出るのを防ぐコツとして、いきなり受話器を置くのではなく、まずフックを手で押して電話を切り、その後に受話器を置くという方法をおすすめします。電話を後に切る場合もフックを押して電話を切り、日頃からクセにしておくと良いでしょう。

最後に一言付け加えよう

電話を切るタイミングで何も言わずに電話を切るのは失礼になります。「それでは失礼いたします」などと言葉を付け加えるのがマナーです。たまに同じような立場の人と電話をすると、「失礼いたします」と言った後にどちらも電話を切らず無言の時間が続くことがあります。どちらもビジネスマナーとして後に電話を切ることを指導されているからです。この場合は明らかに相手が目上の場合は「どうぞ、お先にお切りください」と告げて先に電話を切ってもらいましょう。また同格もしくは、自分のほうがやや立場が上な場合は、「それではお先に電話を切らせていただきます」という言葉を告げてから静かに電話を切るようにしましょう。その時もフックを押してから受話器を置くのを忘れないようにしましょう。

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。