電話の受け答えマナーはアルバイトで学ぶ

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

社会人としてのマナーを覚えておこう

社会人になって最初にする業務が電話対応という場合も少なくありません。電話対応が必要なアルバイトをする時も社会に出て活かせる対応を身につけるようにしましょう。今回は社会に出たら確実に求められる電話対応のマナーについて紹介します。

LINEで送る
Pocket

2コール以内に電話に出よう

社会人としてのマナーを覚えておこう

電話対応のアルバイトをしたら、まず心がけることがあります。それは電話が鳴ったら2コール以内に電話に出るということです。「三鈴は職場の恥」という言葉があるほど、電話を待たせることは社会に出たらあってはならないことだからです。他のアルバイトが取ってくれるかもしれないと考えてしまうと電話に出るのが遅れてしまいます。自分がいちばん先に電話に出るのだという積極性を持ってアルバイトに臨みましょう。
それでも3コール以上電話が鳴ってしまった場合は、冒頭のあいさつで「お待たせいたしました」と言うようにしましょう。2コールも3コールも電話をかけた相手からすればそれほど時間の差はありません。しかし社会的なマナーとして「2コール以内」という常識があり、電話をかけてきた相手もそれを知っている可能性が高いです。「社内ルールがゆるい」「いい加減な職場」というイメージを持たれないためにも、2コール以内に電話に出るようにし、出られない時は「お待たせいたしました」の一言を忘れずにつけましょう。

「もしもし」は社会的なマナーではNG

自宅や携帯電話で電話を受ける時は「もしもし○○です」というような受け答えが普通だと思います。しかし社会人として電話に出る時は、「もしもし」はNGです。会社によって独自のマニュアルがあるケースがありますが「お電話ありがとうございます、○○商事です」、または「はい、株式会社△△でございます」というような第一声を採用している職場が多いでしょう。この第一声により職場のイメージが決まってしまうこともありますので、聞き取りやすい声で明るい口調で話すようにしましょう。まだ電話対応に慣れていない時期は、「心持ちハイトーン」で話すようにすると明るい印象をもたれやすくなるでしょう。

目の前に人がいる気持ちで電話対応を

電話対応の特徴は、お客さんが目の前にいないことです。そのため極端に言えば床に寝ながら電話対応をしても、口調と文言だけしっかりしていれば大丈夫だと思うかもしれません。しかし電話に出るのが億劫で、嫌な表情をしながら電話をすると、どれだけ繕った話し方をしてもその嫌な気持ちが不思議と相手に伝わってしまいます。ごまかしがきかないのが電話対応ですので、目の前にお客さんがいると思って話をするようにしましょう。姿勢正しく椅子に座り、笑顔で相手の目を見ているような気持ちで話をするようにします。きっとその真面目な姿勢は電話とはいえ相手に伝わり、好感を与えることができるでしょう。

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。