電話恐怖症はアルバイトで克服

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

恐怖症は克服できる

電話が鳴った時に胸がドキッとする。いつの間にか受話器を持つ手に汗をかく。脈拍が早くなるなどの経験がある人は「電話恐怖症」予備軍かもしれません。今回は電話恐怖症になった時の克服方法について紹介します。

LINEで送る
Pocket

電話恐怖症とは何か

恐怖症は克服できる

仕事は楽しいのに電話に出るのだけが苦手だという人がいます。このような人は電話恐怖症予備軍で、ひどくなると本当に電話に出られなくなってしまうこともあります。電話恐怖症は不安障害の一種ですので、そうなるのには原因があります。かつて電話対応でミスをして、職場に大きな迷惑をかけた人や電話をかけてきた人に身に覚えのない叱責をされて心を傷つけてしまった人などは電話恐怖症になりやすいでしょう。心の傷は癒えても「また失敗したらどうしよう」「周囲の人から自分の電話対応を心配されていないだろうか」などという不安が頭から離れずに徐々に電話恐怖症になっていく人もいます。
具体的な症状としては、電話に出ると声が震えてしまう。のどが詰まる感じがして大きな声を出せない。言葉を噛んでしまう回数が増えるというものがあります。またそのことを意識すると余計に声が震え、言葉を噛む回数もさらに増えるという悪循環に陥ってしまうこともあります。

事前準備をしておこう

電話恐怖症を克服するためには、電話対応でミスをするリスクを減らすことが大切になります。具体的には事前準備をしっかりしておくことが大切です。結婚式のスピーチを頼まれた時もアドリブで話そうとすれば緊張してしまいますが、事前に時間をかけて用意した原稿があれば、それほど緊張はしないはずです。同じように電話対応で予想される状況を予想して原稿を用意しておきましょう。
職場で求められる電話対応はほとんどパターン化されているので、事前準備がしやすいという特徴があります。「お電話ありがとうございます。株式会社○○です」など、会社により決まったあいさつがあるはずですので、それを紙に書きだしよく見える場所に貼っておくと良いでしょう。取次ぎの電話の場合は「いつもお世話になっております。今お繋ぎいたしますので、少々お待ちください」などと紙に書き、見えるところに貼るなどの用意をします。よく聞き取れなかった場合も想定しておき、「申し訳ございません。もう一度お名前をお伺いしてよろしいでしょうか」などと同様に書いておきましょう。またこれらのセリフを声に出して何度も練習するとより効果的でしょう。

電話先の相手に集中しよう

電話恐怖症になると、同僚の目が気になってしまい上手に電話で話せなくなるという傾向があります。電話対応中は職場の目を気にするのではなく、電話先の相手との会話に集中するようにしましょう。「相手に集中」などと紙に書き、見えるところに張るのも良い手です。また隣の席のスタッフなどには「最近電話に出る時に緊張してしまいます」と事前に話しておくと良いでしょう。自分が緊張することを周囲の人に知ってもらっているだけで、不思議と落ち着きを取り戻すことがあるからです。また周囲のスタッフに話しておけば、電話中に少なくとも周囲の目が気になるということもなくなります。このような工夫をして緊張しにくい環境作りをすることも大切です。

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。