電話スキルは就活にも影響!重要性を知ろう

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

スキルは就活にも影響する

就活中、企業の担当者からの電話に出た時に思わず出てしまう日頃の雑な対応…。電話対応に慣れていないだけで、就活に失敗してしまう恐れがありますので注意が必要です。

LINEで送る
Pocket

電話対応に慣れていない学生のミス

スキルは就活にも影響する

就活中に、企業から電話がかかってくることがあります。その時の対応次第で就活に失敗してしまうというケースがあります。電話対応のまずさだけで就活に失敗してしまうということは、相手に相当失礼な態度を取ったということになります。「いくらなんでもそんなに失礼な対応をするわけがない」と思う人もいらっしゃると思いますが、これは本当にある話です。電話対応をするアルバイトなどをした経験がない学生は、友達と話すような感覚で企業からの電話に対応してしまう可能性があるからです。
特に見慣れない電話番号から電話がかかってきた時に、自分がどのような態度を取るか思い返してみましょう。怪訝な思い、不信感から少し攻撃的な話し方をしてしまうのではないでしょうか。「タメ口」「上から目線の言葉遣い」「逆ギレ」などをした経験はないでしょうか。アルバイトなどで電話対応に慣れている人は、誰からかかってきた電話に対してもまずは感じよく電話に出ることができますので、このような感じの悪い話し方をせずに済むでしょう。

具体的にどのようなミスがあるのか

電話対応だけで就活が失敗してしまうようなまずい電話対応の具体的な例を見て行きましょう。電話がかかってきた時に知らない電話番号だと思って電話を受けると「誰?」「何か用ですか?」などと、いきなりケンカ腰に話をしてしまう学生がいます。確かに勧誘の電話など怪しい電話が多いため、自分が知っている番号以外からかかってくる電話に対しては身構えてしまう気持ちは分かります。しかし就活中は、企業で働いているのと同じような感覚で過ごすことが大切です。
また電波状況が良くない場合、または周囲が騒がしい場合は、企業の担当者が自己紹介と挨拶をしてくれたのにもかかわらず、よく聞き取れないケースがあります。そんな時にイライラして「は?」「何て言った?」「よく聞き取れないけど?」などと、失礼な言葉で聞き返してしまうことがあります。これでは社会人として失格だと考えられてしまっても仕方がありません。

不在着信に折り返す時のマナー

アルバイトなどの用事を済ませてスマホを見たら、着信履歴を発見したとします。すぐに折り返して良いのか、翌日以降にすべきか、または放置したほうが良いのかいろいろと考えてしまうでしょう。まず着信があった時間について確認をしてみましょう。仮に19時だった場合は、20時までは折り返しの電話をかけても良いでしょう。夜の電話の場合は、着信から1時間以内までなら折り返しの電話をかけても大丈夫だと考えると良いです。それ以上時間が経っている場合は、翌日に折り返しの電話をかけましょう。
しかし営業開始時間に電話をかけると慌ただしいので、営業開始時間の1時間後にかけるようにしましょう。そして午前中に着信があった場合は、なるべく早く折り返しの電話をかけましょう。一般的な企業の営業時間である午後6時までに折り返すのがマナーになります。就活期間はなるべく時間を置かず、着信を確認するようにしましょう。

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。