電話スキルが身につくアルバイト「テレアポ」

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

テレアポでセールス力を向上させよう

電話対応のアルバイトといえば「テレアポ」ことテレフォンアポインターが代名詞とも言える存在です。今回はテレアポの仕事内容とメリットについて紹介していきます。

LINEで送る
Pocket

テレアポの仕事内容とは

テレアポでセールス力を向上させよう

コールセンターなどの電話対応の仕事の中にテレフォンアポインターが含まれています。通称「テレアポ」と呼ばれ、テクニカルサポートやカスタマーサービスとは一線を画した仕事となっています。テクニカルサポートやカスタマーサービスが「受け身」の仕事ならば、テレアポは「攻め」の仕事です。具体的には職場で用意される名簿をもとに、知らない人に電話をかけて商品の営業活動をする仕事になります。実際に販売まではいかずとも、アポイントが取れるまでを任されるケースが多いようです。

1週間程度の研修期間がある

テレアポのアルバイトに合格すると研修を受けることになります。期間はだいたい1週間程度で、企業が用意したマニュアルを元に電話のかけ方、話す内容、アポイントを取るコツなどについて指導されます。また研修期間とはいえ、マニュアルに従って実際に電話で営業活動を行います。自主性に任されるケースと指導員が見守る中テレアポの作業を行うケースなど、職場によって違いがあります。テレアポのアルバイトを始めてしばらくの間はアポイントを取ることは難しく「後ほど電話をかけなおします」という約束を取り付けるだけでも大変なことです。人によっては100件の電話をかけて1件程度しかアポイントが取れないということも珍しくありません。

テレアポのメリットとは

なかなかアポイントを取るのが難しく、難易度の高い仕事といえるテレアポのアルバイトですが、もちろんメリットもあります。まず「高時給」だということです。難しく、誰もがやりたがる仕事ではないため時給は高めになっています。また職場によっては、アポイントを取ることができるとボーナスが支給されることもあり、セールス力が高い人は大金を稼げるでしょう。
次に「勤務時間を選べる」ということです。テレアポの仕事は比較的フレキシブルに勤務時間を選び、好きな時に働ける職場が多いようです。自由度が高いので、学生生活と折り合いをつけるのも容易でしょう。また茶髪OKで服装自由の職場が多いので、アルバイト用に身だしなみを整えることや髪を黒くする必要などもありません。そういった部分では始めるためのハードルが低いアルバイトだと言えそうです。

電話対応とセールスの力がアップする

テレアポの仕事を通じてスキルアップが期待できるのは何と言っても「電話スキル」と「セールス力」です。スキルアップに必要な条件のひとつが「経験」ですが、テレアポでは1日に何十件、場合によっては100件以上の電話をかけることがありますので、気が付かないうちに電話スキルもセールス力もアップしていきます。相手に「今は忙しい」と言われても「それでは、1分だけ時間をよろしいですか」と言い直すなど、何とか相手に話を聞いてもらえるような対応力が身につきます。これらの能力は社会に出た後もきっと役に立つでしょう。特に営業職に就く人にとっては貴重な経験になるでしょう。

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。