電話スキルの知識は新社会人になる前にチェック!

電話スキルで今後が決まる

ピックアップ!

新社会人になる前に読んでおこう

新社会人になる前に読んでおこう

新社会人としてきちんとした電話対応と取次ぎができると、社内でも高い評価を得られます。電話が苦手だからと言って、コールが鳴っているのにいつまでも電話に出なかったりするのは良くありません。電話対応は数をこなすことで慣れていくので徐々にリラックスして対応できるようになります。失敗が許される新社会人のうちに、積極的に電話に出てください。学生のうちにコールセンターのアルバイトをして電話のマナーを身につけておけば、必ず役に立ちます。

新入社員が対応する意味とは

新入社員が対応する意味とは

新社会人が最初にする仕事が電話対応という職場も多いでしょう。なぜ新社会人が電話対応をする必要があるのかを知っておくと、やりがいが湧いてくるでしょう。まず電話対応をすると、部署名や扱っている商品など会社のことが早く分かります。また先輩から「やる気がある」と認めてもらうことができます。どちらも新社会人にとって会社に早く溶け込むために必要なことです。アルバイトをする時にも新社会人になったつもりで仕事をすると良いでしょう。

詳しくはこちら

テクニカルサポートで問題を解決しよう

テクニカルサポートで問題を解決しよう

電話対応が重要なアルバイトのひとつが「テクニカルサポート」です。PCなどにトラブルが起きた時に電話をかけて、問題解決の手伝いをしてもらうことがありますが、その対応をしてくれるのがテクニカルサポートの人達です。PCなどのテクニカルサポートのアルバイトをする時は、PCの深い知識が必要です。また口頭で問題を聞き取り、解決策を指示するのは意外と難しいものです。そのためテクニカルサポートのアルバイトをすると電話スキルが向上します。

詳しくはこちら

社会人としてのマナーを覚えておこう

社会人としてのマナーを覚えておこう

電話対応における社会人としてのマナーを知っておきましょう。まず電話をかけてきた人を待たせないようにします。2コール以内に電話に出るのが基本です。もし出られない時は「お待たせいたしました」と挨拶をしてから話をするようにしましょう。また日常使いがちな「もしもし」という言葉はビジネスシーンでは使えません。会社で決められている挨拶を覚えて「いつもお世話になっております、○○株式会社です」などと言いながら電話に出るようにしましょう。

詳しくはこちら

当サイトのまとめ

  • クレームを回避する対応法とはクレームを回避する対応法とは

    電話対応をしていると思わぬ時に相手からクレームが来ることがあります。その理由として「自分の感情が声に乗っていない」ということがあります。話の内容に合った表情を作り動作を入れながら話をすることが大切です。

  • 切り方のルールとは切り方のルールとは

    電話を切る時のルールも見逃せません。電話の切り方ひとつでそれまでの素晴らしい電話対応が台無しになることがあるからです。まず相手より先に電話を切らないこと、切る時は音を立てないことを確実に守りましょう。

  • テレアポでセールス力を向上させようテレアポでセールス力を向上させよう

    電話対応が必要なアルバイトの代名詞に「テレアポ」ことテレフォンアポインターの仕事があります。電話対応のみで商品の営業活動をする仕事ですので、将来営業希望の人はセールス力を向上させる良い経験になるでしょう。

  • テクニカルサポートで問題を解決しようテクニカルサポートで問題を解決しよう

    PCなどが故障した時に電話をし、問題解決の手助けをしてくれる頼もしい存在、それが「テクニカルサポート」です。PCなどに詳しく、電話スキルを上げたい人にとっておすすめのアルバイト先になるでしょう。

  • 社内の評価に影響する社内の評価に影響する

    電話対応が上手にできるかどうかが社内評価に影響することがあります。新入社員は電話を積極的に取ることができないと「やる気がない」「プライドが高い」というレッテルを貼られるリスクがありますので注意が必要です。

  • 新入社員が対応する意味とは新入社員が対応する意味とは

    新入社員が電話対応をすることには意味があります。電話に出ることで会社について理解が早く進みます。また同僚や先輩にやる気を示すこともできます。どちらも新入社員が会社に馴染むためのメリットになります。